コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インテル Intel

翻訳|Intel

6件 の用語解説(インテルの意味・用語解説を検索)

パソコンで困ったときに開く本の解説

インテル

パソコン用CPUやチップセット、SSDなどを開発している半導体メーカーです。一般的なパソコンのほぼすべてに、同社のCPUか、もしくは互換性のあるCPUが搭載されています。
⇨AMDCore i7/i5/i3、CPU、
SSD、チップセット

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

インテル

interlinear leadsから》活字を版に組むとき、行間の空きをつくるためにはさむ木製または金属製の薄い板。→込め物2

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インテル

Intel」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

インテル

正式社名「インテル株式会社」。英文社名「Intel Corporation」。卸売業。昭和46年(1971)「インテル・ジャパンコーポレーション日本支社」創業。同51年(1976)「インテルジャパン株式会社」設立。平成9年(1997)現在の社名に変更。東京本社は東京都千代田区丸の内。インテルインターナショナル子会社の半導体メーカー。マイクロプロセッサーの販売が主力。

出典|講談社
日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

大辞林 第三版の解説

インテル

〔interline から〕
活字組版で、行間を適当な広さにあけるために挿入する、金属製または木製の薄板。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インテル
インテル
Intel Corporation

パーソナル・コンピュータ中央処理装置 CPU「ペンティアム Pentiumシリーズで知られる世界最大手の半導体メーカー。 R.ノイス (1927~90) と G.ムーア (1929~) が 1968年設立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のインテルの言及

【活字】より

…花型は組版の輪郭や内部を装飾するためのものである。罫線は各種の印刷する際に用いられる金属の薄片をいい,込物は余白の部分を埋めるために組みこむもので,これには字間に入れるスペース,行間に入れるインテル,大きな空白を埋めるためのジョスなどがある。印刷活版印刷【山本 隆太郎】。…

※「インテル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

インテルの関連キーワードマルチコアマルチコアCore i7HyperTransport仮想化オーバークロックCULVVAIO Z2次キャッシュ互換CPU

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インテルの関連情報