アプリケーションソフト

デジタル大辞泉の解説

application softwareから》特定の用途や目的のために作られた、コンピューターのソフトウエア。ワープロソフト表計算ソフトメールソフトブラウザーなどが含まれる。オペレーティングシステム上で動作し、コンピューターの基本的な利用環境を共有する。アプリケーションソフトウエアアプリケーションプログラム応用ソフト応用プログラムアプリ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

特定の用途・目的・業務のために作られたソフトウェアワープロソフト表計算ソフト・プレゼンテーションソフト・ウェブブラウザー電子メールソフトなど。◇和製語。「アプリケーションソフトウェアapplication software)」の。さらに短く略して「アプリ」「アプリケーション」ともいう。また、「アプリケーションソフトウェア」「アプリケーションプログラム」「応用ソフト」「応用プログラム」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アプリケーションソフトの関連情報