D. ラガナ(英語表記)Domenico Lagana

20世紀西洋人名事典の解説


1925 -
アルゼンチン日本文学・神学研究家。
早稲田大学講師。
イタリア生まれ。
アルゼンチンの日本文学・神学研究家で、親日家であった父親の影響を受け、早くから日本に興味を持った。1972年初来日後、’74年再来日し、2年間の滞在中、朝日新聞に「ラガナ一家のニッポン日記」を連載し、好評を博した。その後早稲田大学講師も務め、「ラガナの文章修業」(’79年)などの著書も著した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android