コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DINOR型フラッシュメモリー でぃあいのあがたふらっしゅめもりー

1件 の用語解説(DINOR型フラッシュメモリーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DINOR型フラッシュメモリー

三菱電機が開発したフラッシュメモリー。従来のNOR型の高速性とNAND型の高集積性、単一電源動作という長所を併せ持つ。セルの書き換えに、薄い酸化膜に高電界を与えることで、電子が酸化膜を通り抜けるトンネル効果を採用し、単一電源動作を実現した。また、ビット線階層構造とすることで、メモリーセルを副ビット線に並列に接続することで、NOR型と同等の読み出し速度と、高集積化を可能としている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone