DLL(読み)ディーエルエル

IT用語がわかる辞典「DLL」の解説

ディーエルエル【DLL】

複数のアプリケーションソフト共通している部分をOSにファイルとして保存し、アプリケーションソフトを実行する際に、それを呼び出して利用する方法。また、そのプログラム。すでにある部分は開発しなくてよいのでアプリケーションソフトの開発効率が高まるほか、ディスクメモリー容量を少なくできる。◇「ダイナミックリンクライブラリーdynamic link library)」の頭文字から。「ライブラリー」は部品化したプログラムをまとめたファイルの

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「DLL」の解説

DLL

複数のアプリケーションが利用する共通の機能をファイルにしたもの。アプリケーションの実行時に、必要に応じて呼び出される。このため、頻繁に利用されない機能をDLLにすると、メモリーの使用量が抑えられる。また、あとから機能を追加したり、バグが発見された場合にDLLを修正するだけで済むという利点もある。WindowsのDLLの拡張子は「.dll」。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「DLL」の解説

ディー‐エル‐エル【DLL】[dynamic link library]

dynamic link libraryWindows上で複数のアプリケーションソフトが共通して利用する汎用的な機能をプログラムにしてまとめたもの。UNIX系OSでは同様のものを共有ライブラリーとよぶ。ダイナミックリンクライブラリー。動的リンクライブラリー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パソコンで困ったときに開く本「DLL」の解説

DLL

ウィンドウズで使われている技術のひとつで、単体では動作せず、他のプログラムから呼び出されて機能するプログラムのことです。大規模なソフトをいくつかのプログラムに分けたり、共通する機能を複数のソフトから呼び出したりするのに使われています。
⇨プログラム

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android