DNA結合蛋白質(読み)ディーエヌエーけつごうたんぱくしつ(英語表記)DNA binding protein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

DNA結合蛋白質
ディーエヌエーけつごうたんぱくしつ
DNA binding protein

遺伝子の調節部位に特異的に結合し,その発現をコントロールする蛋白質。発生や細胞の分化にかかわっているものが多く,いくつかの特徴的な構造が見られる。ジンクフィンガーと呼ばれる亜鉛原子を含む突起状の構造,ヘリックスターンヘリックスという折れ曲がったらせん構造などが,DNAへの特異的な結合を可能にしている。後者の代表例は,ショウジョウバエなどで多数報告されている体節形成を制御するホメオティック遺伝子群である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android