コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DWDM(読み)でぃーだぶりゅでぃーえむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DWDM

Dense Wavelength Division Multiplexingの略。光ファイバーの中に波長の異なる光波を流すことで伝送波(チャネル)を多重化し、データ伝送速度の高速化を実現する「WDM(波長分割多重)」の技術を拡張し、高密度にしたもの。波長数を増やしたり、チャネル間隔を狭めることで、大容量のデータ伝送を実現する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ディー‐ダブリュー‐ディー‐エム【DWDM】[dense wavelength division multiplexing]

dense wavelength division multiplexing》高密度波長分割多重方式。光ファイバーを利用する通信技術の一。異なる波長の光信号を同時に使い、高速で大容量のデータ通信を行うWDM(波長分割多重方式)をより高密度化したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android