コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ERS-1 イーアールエスワンearth resources satellite-1

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ERS-1
イーアールエスワン
earth resources satellite-1

地球資源衛星1号の略称。 1991年7月に打ち上げられ,資源探査,農林水産業,国土調査,環境保全等への利用が期待される。観測機器は,合成開口レーダ (波長約 24cm) ,マルチバンドの直下視と前方視バンドを持つ可視近赤外放射計と,1~3μm域のマルチバンドの短波長赤外放射計が搭載される。レーダは,パルス圧縮と合成開口技術により高分解能の地形起伏や構造を把握できる。可視近赤外放射計は直下視と前方視バンドの組み合わせで立体視機能を持つ。短波長赤外放射計は資源のリモートセンシングに有効。地表分解能は約 20mで,地球全域のデータ収集が可能である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ERS-1の関連キーワード資源観測解析センター資源探査衛星地球観測衛星ふよう

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ERS-1の関連情報