FLOPS(読み)ふろっぷす

デジタル大辞泉の解説

フロップス【FLOPS】[floating-point operations per second]

floating-point operations per second》コンピューターの処理能力を表す単位の一。浮動小数点演算を1秒間に何回実行できるかを示す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

フロップス【FLOPS】

コンピューターの処理能力の単位。1秒あたりに行える浮動小数点数の演算回数を表す。この値が大きいほど演算速度が速い。特に科学技術計算の分野におけるスーパーコンピューターの性能の指標として使われることが多い。◇「floating point operations per second」から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

FLOPSの関連情報