コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

FTTP エフティーティーピーFTTP

デジタル大辞泉の解説

エフ‐ティー‐ティー‐ピー【FTTP】[fiber to the premises]

fiber to the premises光ファイバーを利用した高速データ通信サービスのうち、光ケーブルを利用者の元まで直接引き込む導入形態の総称。一般家庭を対象とするサービスをFTTH、オフィスビルや集合住宅を対象とするサービスをFTTBと呼ぶ。→エフ‐ティー‐ティー‐シー(FTTC)
[補説]premiseは土地、敷地、建物の意。屋内まで光ケーブルを引き込むことを表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

エフティーティーピー【FTTP】

光ファイバーを利用者の家屋や建物まで直接引き込む高速データ通信サービスの総称。◇「fiber to the premises」の頭文字から。「premises」は敷地の意。一般家屋に引き込む場合は「FTTH」、集合施設を対象とする場合は「FTTB」という。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

FTTPの関連キーワードFTTCFTTR

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android