シー(英語表記)Shee, Sir Martin Archer

デジタル大辞泉の解説

シー(C/c)

英語のアルファベットの第3字。
順序・段階・等級などの3番目。「Cクラス」
〈C〉《〈スウェーデン〉Celsiusセ氏温度を表す記号
〈C〉《carbon炭素元素記号
〈C〉ローマ数字の100。
〈C〉音楽の用語。
㋐音名の一。ハ音。
㋑4分の4拍子を表す記号。
〈c〉《〈フランス〉centi-》数の単位、センチの記号。
cycle周波数単位サイクルの記号。
〈C〉《〈フランス〉coulomb電気量の単位、クーロンの記号。
10 〈©〉⇒丸(まる)シー
11c〉真空中の光速度を表す記号。
12 〈C〉インフルエンザウイルスの型。
13 〈C〉《complement》英文法などで、補語を示す符号。→SVO
14 〈C〉俗にセックスのこと。最初のAをキス、二番目のBをペッティングとして、その次の段階ということから。

シー(sea)

海。「シーアンカー」「シーフード」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

シー【C・c】

英語のアルファベットの第三字。
〔創案者 Celsius の頭文字から〕 摂氏の温度であることを表す記号( C )。
(蛇口などで)冷たい(cold)ことを表す記号( C )。 ⇔ H
等級の三番目。 「 -クラスに落ちる」
〘音〙
ハの音。
四分の四拍子の記号( C )。 〔本来は右の一部を欠いた円〕
世紀(century)を示す記号( C )。
炭素(carbon)の元素記号( C )。
サイクル(cycle)を表す記号( c )。
ローマ数字の100( C )。
電気量の単位クーロン(coulomb)を表す記号( C )。
センチ(centi-)を表す記号( c )。
プログラム言語の名称( C )。

シー【sea】

海。海洋。 「 -フード」 「 -サイド」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のシーの言及

【ケルト人】より

…またダグザDagdaは大地の神であり,オグマOgmaは雄弁・詩歌の神で,ケルト最古の文字オガム(オガム文字)の発明者とされ,エーンガス・オグAngus Ogは美・若さ・愛の神で,ヌアザNuadaは戦いの神でありモリガンMorriganは死と血を求め戦場を飛び回る戦いの女神とされ,これらの神々にまつわる話がさまざまに伝えられている。またこのダーナ巨人神族(女神ダヌーの種族の別名)は,マイリージア族に敗れると,海のかなたに逃れて〈常若の国〉をつくって住み,また土塚や円形土砦の遺跡,あるいは石壕や墳丘に隠れ,地下に楽園をもつ妖精シーsidhとなり,目に見えない種族としていまも存在すると信じられている。またダーナ巨人神族は人間と交渉をもって英雄を生み,例えば太陽神ルーは蠅に変身して女王の盃に入り,飲まれて子宮に落ちてクホリン(クフーリン)Cuchulinnとなり,一方,戦いの神ヌアザの末裔に,フィンFionやその息子オシーンOisin,孫オスカーOscarらの英雄たちが現れている。…

※「シー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シーの関連情報