コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

H‐IIAロケット えいちつーえーろけっと/H2Aろけっと H‐IIA rocket

1件 の用語解説(H‐IIAロケットの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

H‐IIAロケット

日本が21世紀の宇宙開発を担うH‐II後継機として開発した衛星打ち上げ用ロケット。商業衛星打ち上げビジネスへの参入をめざして、1回の打ち上げ費用をH‐IIの約190億円から90億円弱にコストダウンした。全長53mの2段式で、静止トランスファー軌道に4t級の衛星を運ぶことができ、将来は大型の液体燃料ブースターを装備して、同軌道に7.5tの衛星を運べるようにする。1号機の2001年8月29日を皮切りに、03年3月までに5機の打ち上げに成功。同年11月に打ち上げられた6号機は、補助ロケットのうちの1本が分離せず、情報収集衛星の軌道投入に失敗したが、05年2月に7号機が運輸多目的衛星MTSAT‐1R(ひまわり6号)の打ち上げに成功し復活した。さらに06年1月に陸域観測技術衛星だいち(ALOS)、2月には運輸多目的衛星2号機ひまわり7号(MTSAT‐2)を打ち上げた。近い将来、民間に移転される。

(的川泰宣 宇宙航空研究開発機構宇宙教育センター長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

H‐IIAロケットの関連キーワードESA宇宙開発委員会宇宙開発事業団宇宙航空研究開発機構宇宙開発宇宙開発戦略本部NASDANALHOPE

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone