コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ICD あいしーでぃー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ICD

Windows 95以降でサポートしている、OpenGLドライバーモデルのひとつ。ビデオカードをOpenGLに対応させるためのドライバー。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アイ‐シー‐ディー【ICD】[International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems]

International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems》疾病及び関連保健問題の国際統計分類。WHO(世界保健機関)が作成する、死因・疾病に関する統計と分類。1990年に発表された第10版はICD-10とよばれる。

アイ‐シー‐ディー【ICD】[implantable cardioverter-defibrillator]

implantable cardioverter-defibrillator》⇒植え込み型除細動器

アイ‐シー‐ディー【ICD】[infection control doctor]

infection control doctor》⇒インフェクションコントロールドクター

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ICD

〖International Classification of Diseases〗
国際疾病分類。疾病の国際比較を可能にするため世界保健機関が作成。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ICD
あいしーでぃー

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のICDの言及

【死因】より

… 死因を示す場合には,症状名(たとえば呼吸困難や心不全など)を掲げることは避け,傷病名を用いることになっている。この際,傷病名の選択は,国際疾病分類International Classification of Diseases(略称ICD)によることを原則としている。これは,WHOの憲章に基づいて規定されたもので,1900年フランスの提唱により定められて以来,約10年ごとに改正されている。…

※「ICD」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ICDの関連キーワードInternational Classification of DiseasesWHOの国際疾病分類(ICD)インフェクションコントロール反応性アタッチメント障害ミュンヒハウゼン症候群ニッケルカドミウム電池パーソナリティー障害バーンアウト症候群NiMHバッテリー心臓ペースメーカーギャンブル依存症国際生活機能分類栄養ケアプロセス植込み型除細動器ICD制度協議会クレプトマニア社会性不安障害予定日超過妊娠慢性疲労症候群QT延長症候群

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ICDの関連情報