コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IEEE802・11 アイトリプルイーはちまるにてんいちいち

1件 の用語解説(IEEE802・11の意味・用語解説を検索)

パソコンで困ったときに開く本の解説

IEEE802・11

IEEEで策定された無線LAN関連の規格群です。現在は主に11a、11b、11g、11n、11acという5種の規格が利用されています。利用する電波の周波数は、2・4GHz帯と5GHz帯に分かれます。
基本は11bで、通信速度は最大11Mbps。これと互換性を保ちつつ通信速度を最大54Mbpsに高めたのが11g。この2つは2・4GHz帯の電波を使います。一方、11aは通信速度が11gと同じですが、5GHz帯の電波を利用し、平均的な通信速度は11gより上です。その代わり、11b/gとは互換性がありません。11nは通信方式を改良し、150Mbps、300Mbpsといった高速通信を実現しました。
現在販売されているパソコンのほぼすべてが11n対応です。11b/gとしても利用できる2・4GHz帯のみ使うものと、さらに11aとしても使える5GHz帯も利用できるタイプとがあります。後者は2種類の周波数を同時に利用できるため「デュアルバンド」と表記されることもあり、最大600Mbpsでの通信が可能です。11acは11nをさらに高速化した規格で、デュアルバンド利用時は最大6900Mbps(6・9Gbps)での通信が可能です。正式化前の「ドラフト版」に準拠した製品も出ていましたが、多くは正式版対応に更新できます。
⇨互換性、無線LAN

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IEEE802・11の関連キーワード無線LANイーサネット無線LAN親機無線LANカード無線LAN子機無線LAN中継機無線LANブリッジワイマックス地域福祉計画

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone