コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IMT-2000 あいえむてぃーにせん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IMT-2000

ITU-Tによって標準技術として勧告された、第3世代携帯電話システムのこと。グローバルローミングサービスに対応し、最大伝送速度が2Mbpsの高速通信が行えるのが特徴。なお、IMT-2000には、日欧方式のW-CDMAと、北米方式のcdma2000の2つの規格がある。W-CDMAはNTTドコモFOMAとして2001年10月から、cdma2000はKDDIが2002年4月からサービスを開始した。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

アイエムティーにせん【IMT-2000】

ITU(国際電気通信連合)が定めた第3世代携帯電話の標準化仕様。世界中で使用できる仕組み(国際ローミング)を実現するために開発された。◇「international mobile telecommunications 2000」から。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

IMT-2000の関連キーワードソフトバンクモバイル(株)CDMA2000第三世代携帯電話広帯域CDMATDSIMカードUIMカード自動車電話携帯電話UMTS3GPP3G

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android