ISSNネットワーク(読み)あいえすえすえぬねっとわーく(英語表記)ISSN Network

図書館情報学用語辞典の解説

ユネスコのUNISISTの枠内で計画され,ユネスコとフランス政府の合意により1972年に設立された,逐次刊行物の国際的な登録システム.当初の名称はISDS(International Serials Data System).個々の逐次刊行物に対する国際標準逐次刊行物番号ISSN)の付与と各逐次刊行物のキータイトル,刊行機関,創刊年などについてのデータベースの構築,維持を目的とする.パリに国際センターが設けられ,2013年現在で86か国に国内センターがある.日本では国立国会図書館内にISSN日本センターが置かれている.逐次刊行物に対し,各国内センターがISSNを与え,その記録を作成し,国際センターに送付する.2011年1月現在,約156万タイトル.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android