ISSNネットワーク(読み)あいえすえすえぬねっとわーく(英語表記)ISSN Network

図書館情報学用語辞典 第5版「ISSNネットワーク」の解説

ISSNネットワーク

ユネスコUNISISTの枠内で計画され,ユネスコとフランス政府の合意により1972年に設立された,逐次刊行物の国際的な登録システム.当初の名称はISDS(International Serials Data System).個々の逐次刊行物に対する国際標準逐次刊行物番号ISSN)の付与と各逐次刊行物のキータイトル,刊行機関,創刊年などについてのデータベースの構築,維持を目的とする.パリに国際センターが設けられ,2020年現在で90か国に国内センターがある.日本では国立国会図書館内にISSN日本センターが置かれている.逐次刊行物に対し,各国内センターがISSNを与え,その記録を作成し,国際センターに送付する.2019年末現在の登録数は210万件超.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android