J. マッコーレー(英語表記)James McAuley

20世紀西洋人名事典「J. マッコーレー」の解説

J. マッコーレー
James McAuley


1917 - 1976
オーストラリア詩人,評論家
元・タスマニア大学英文科教授。
シドニー生まれ。
各種の教職の後、1961年タスマニア大学英文科教授を務める。一方、’55年から文芸季刊誌「カドラント」の編集に携わる。’46年「アルデバラン星の下で」で戦後の知性派叙情詩人として注目されるが、「詩集一九三六〜七〇年」(’71年)から「それ自身の世界」(’77年)の詩集により西欧形而上学の伝統を継承する象徴詩人とみなされる。評論も「近代性の終末」(’59年)など広い学識を示す。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android