JANコード(読み)ジャンコード

百科事典マイペディア「JANコード」の解説

JANコード【ジャンコード】

Japan Article Numberコードの略。流通の中で,商品を識別するための共通のコードとして広く利用されている。国際的にはEAN(European Article Number)コードと呼ばれ,アメリカ,カナダにおけるUPC(Universal Product Code)とも互換性のある国際的な共通商品コードである。日本では一般財団法人流通システム開発センターが管理している。JANコードには13桁の標準タイプと,8桁の短縮タイプの2種類がある。
→関連項目バーコード

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「JANコード」の解説

ジャン‐コード【JANコード】

Japanese Article Number Code》日本産業規格(JIS制定の標準商品表示。バーコードとして商品などに表示される。13桁の標準タイプと8桁の短縮タイプの2種類がある。
[補説]JANコードは日本国内での呼称で、欧州ではEANイアンコード、米国・カナダではUPCとよばれ、それぞれ互換性がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android