コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

K2K実験 ケーツーケージッケン

1件 の用語解説(K2K実験の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ケーツーケー‐じっけん【K2K実験】

《K2KはKEK to Kamiokaの略》人工的に発生させたニュートリノによってニュートリノ振動が起きているかどうかを検証する実験の通称。正式名称は「つくば神岡間長基線ニュートリノ振動実験」。平成11年(1999)から平成16年(2004)まで続けられた。茨城県つくば市高エネルギー加速器研究機構(KEK)にある加速器μニュートリノビームを発生させ、約250キロメートル離れた岐阜県飛騨市スーパーカミオカンデでニュートリノを検出した。この実験により、大気ニュートリノで発見されたニュートリノ振動が、加速器で人工的に発生させたニュートリノについても同様の現象が起こることが確認された。→T2K実験

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

K2K実験の関連キーワードB to B to CB2B2CAAMASMAGMKEKTOB-to-C marketingB to B/B to CIntroduction to~

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone