コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

K2K実験 ケーツーケージッケン

デジタル大辞泉の解説

ケーツーケー‐じっけん【K2K実験】

《K2KはKEK to Kamiokaの略》人工的に発生させたニュートリノによってニュートリノ振動が起きているかどうかを検証する実験の通称。正式名称は「つくば神岡間長基線ニュートリノ振動実験」。平成11年(1999)から平成16年(2004)まで続けられた。茨城県つくば市の高エネルギー加速器研究機構(KEK)にある加速器μニュートリノのビームを発生させ、約250キロメートル離れた岐阜県飛騨市のスーパーカミオカンデでニュートリノを検出した。この実験により、大気ニュートリノで発見されたニュートリノ振動が、加速器で人工的に発生させたニュートリノについても同様の現象が起こることが確認された。→T2K実験

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

K2K実験の関連キーワード加速器研究施設スーパーカミオカンデ素粒子原子核研究所物質構造科学研究所T2K実験スーパーカミオカンデカミオカンデBファクトリー小林誠共通基盤研究施設

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android