コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Lisp りすぷ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Lisp

1962年、米マサチューセッツ工科大学のJohn McCarthy氏が開発した[[プログラミング言語。すでに定義されている関数を組み合わせて新しい関数を作る関数型言語で、人工知能の開発に適しているといわれている。データ操作命令の並び(リスト)を処理するリスト処理や型宣言が不要などの特徴を持つ。1984年、Lispの標準仕様であるCommon Lispが策定された。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のLispの言及

【言語処理系】より

…作業結果は,出来上がるスパゲッティである。 コンパイラー方式の代表的な言語にC,Ada,インタプリター方式の代表的な言語にBasic,Lisp,中間言語方式の代表的言語にJava,Smalltalkがある。プログラムの実行速度はインタプリター方式の場合,コンパイラー方式に比べ,かなり低速となる。…

※「Lisp」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Lispの関連キーワードウルホケッコネン国立公園コンピュータ史(年表)ガーベッジコレクション高級言語コンピュータ関数型プログラミングインタープリタ型言語インタープリター言語ジョン・マッカーシーEmacs Lispインタプリター型言語インタープリターフロー・チャートプログラム言語コンピューターリスト処理言語インタープリタ艶長扁細堅虫Demacs概念依存理論コリ国立公園

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android