コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

M‐Vロケット えむぶいろけっと/MVろけっとM‐V rocket

知恵蔵の解説

M‐Vロケット

1997年に電波天文衛星はるかの打ち上げでデビューした、日本の全段固体燃料の3段式衛星打ち上げ用ロケット。全長31m、直径2.5m、全備重量139tで、地球低軌道に約2tの衛星を運ぶことができる。98年7月の日本初の火星探査機のぞみ、2003年5月のはやぶさ、05年7月のすざく、06年2月のあかり(アストロF)に続き、ソーラーB(太陽観測衛星、06年度)の打ち上げに備えている。M‐Vロケットは、固体燃料の衛星打ち上げシステムでは世界最大。

(的川泰宣 宇宙航空研究開発機構宇宙教育センター長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

M‐Vロケットの関連キーワード天文衛星(日本の)使い切りロケット

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android