MⅤロケット(読み)ミューファイブロケット

デジタル大辞泉の解説

ミューファイブ‐ロケット【M-Ⅴロケット】

ISAS宇宙科学研究所、現JAXA)、日産自動車宇宙航空事業部(現IHIエアロスペース)が開発した世界最大級の三段式大型固体ロケット。平成9年(1997)から平成18年(2006)まで運用され、火星探査機のぞみ、小惑星探査機はやぶさ、X線天文衛星すざくなどの打ち上げに成功。後継機としてイプシロンロケットの開発が進められている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android