コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

M-Vロケット(読み)ミューファイブロケット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

M-Vロケット
ミューファイブロケット

宇宙科学研究所が開発した世界最大級の 3段式固体燃料ロケット。地球低軌道 LEOに 1.8tの打ち上げ能力をもつ。全長約 31m,直径約 2.5m,重量約 140t。科学衛星打ち上げ用に開発されたミュー・ロケットシリーズの技術を駆使して各段の大型化と機体構成の簡素化をはかり,1990年に開発が始まり,1997年から運用が開始された。1997年2月12日に打ち上げた電波天文観測衛星『はるか』を皮切りに,日本初の火星探査機『のぞみ』,小惑星探査機『はやぶさ』など合計 7回の打ち上げを行ない,四つの天文観測衛星と二つの惑星探査機を軌道に乗せることに成功した。2006年の太陽観測衛星ひので』の打ち上げを最後に廃止され,新型の固体燃料ロケット,イプシロンに引き継がれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android