M.フォン リヒトホーフェン(英語表記)Manfred von Richthofen

20世紀西洋人名事典の解説

M.フォン リヒトホーフェン
Manfred von Richthofen


1892 - 1918.4.21
ドイツの軍人。
元・陸軍大尉。
騎兵から操縦士となり、第一次世界大戦において戦闘機中隊を率いて、連合軍との空中戦にで活躍。レッド・バロンと呼ばれ、真紅に塗ったフォッカーDr1戦闘機に乗り活躍し、撃墜数80機(ほかに未公認四機)は全参戦国を通じ最高。イギリス戦闘機によりフランスのソンム付近で撃墜され死亡。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android