M.フォン リヒトホーフェン(英語表記)Manfred von Richthofen

20世紀西洋人名事典の解説

M.フォン リヒトホーフェン
Manfred von Richthofen


1892 - 1918.4.21
ドイツの軍人。
元・陸軍大尉。
騎兵から操縦士となり、第一次世界大戦において戦闘機中隊を率いて、連合軍との空中戦にで活躍。レッド・バロンと呼ばれ、真紅に塗ったフォッカーDr1戦闘機に乗り活躍し、撃墜数80機(ほかに未公認四機)は全参戦国を通じ最高。イギリス戦闘機によりフランスのソンム付近で撃墜され死亡。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android