コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MEMSディスプレー メムスディスプレー

デジタル大辞泉の解説

メムス‐ディスプレー【MEMSディスプレー】

micro electro mechanical systems display半導体集積回路の製造に用いられる微細加工技術(MEMS)を利用し、極小のシャッターを機械的に高速開閉することで明るさや色調を制御するディスプレー。従来の液晶ディスプレーのようにカラーフィルターや偏光板を必要としないため、バックライトの光の利用効率が高く、省電力性と応答性に優れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

MEMSディスプレー

微小電子機械システム(MEMS)を使った次世代ディスプレー。高速で開閉する微小部品で光を制御する方式で、色の再現性や省電力性に優れるとされる。日立サムスンも開発を手がけてきたが、生産の難しさから本格的な実用化に至っていない。シャープとクアルコムは酸化物半導体IGZO」を回路に使うことで、部品の動作がスムーズになると期待する。

(2012-12-05 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

MEMSディスプレーの関連キーワード微小電子機械システム

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android