MEMSディスプレー(読み)メムスディスプレー

デジタル大辞泉の解説

メムス‐ディスプレー【MEMSディスプレー】

micro electro mechanical systems display半導体集積回路の製造に用いられる微細加工技術(MEMS)を利用し、極小シャッターを機械的に高速開閉することで明るさや色調を制御するディスプレー従来液晶ディスプレーのようにカラーフィルターや偏光板を必要としないため、バックライトの光の利用効率が高く、省電力性と応答性に優れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

MEMSディスプレー

微小電子機械システム(MEMS)を使った次世代ディスプレー。高速で開閉する微小部品で光を制御する方式で、色の再現性や省電力性に優れるとされる。日立サムスンも開発を手がけてきたが、生産の難しさから本格的な実用化に至っていない。シャープとクアルコムは酸化物半導体IGZO」を回路に使うことで、部品の動作がスムーズになると期待する。

(2012-12-05 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android