コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MOディスク

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

MOディスク

光磁気ディスク。レーザー光と磁気を利用してデータを記録するディスク型の記憶媒体。単にMOとも呼ぶ。サイズは5.25インチと3.5インチの2種類だが、現在は3.5インチのものが普及している。3.5インチでは128MB、230MB、540MB、640MB、1.3GB、2.3GBのものがあり、1.3GBよりも容量が大きいものはGIGAMOと名付けられている。また、サイズが5.2インチで、5GBより容量が大きいASMOと呼ばれる規格も発表されている。初期のものは書き込み速度が遅かったが、ダイレクトオーバーライト方式が採用されるようになり、書き込み速度が向上した。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

エムオーディスク【MOディスク】

光磁気ディスク。⇒光磁気ディスク

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

MOディスク
エムオーディスク
magneto-optical disk

レーザー光と磁気を利用して情報を書き込み・読み出しする円盤型の記憶媒体。光磁気ディスクとも呼ぶ。5.25インチと 3.5インチのものが製品化され,パーソナル・コンピュータのデータバックアップなどに利用される。レーザー光の熱により磁性記録膜の磁化を消去,さらに加えた磁界でその方向を変えることで情報を記録する。データの読み出しは,記録膜に照射されたレーザー光の反射偏光面が磁化により方向を変えるのを検出して行なう。高密度で大きな記憶容量(128メガバイト〈MB〉~2ギガバイト〈GB〉)があり,繰り返しデータの書き込み,読み出し,消去が可能。ディスク材料の性質上,データを記録するには,(1) 既存データの消去,(2) 新規データの書き込み,(3) 書き込み結果の確認,という三つの処理を繰り返す必要があるため,ハードディスクに比べて書き込み速度は遅い。3.5インチのものは国際標準化機構 ISOによる標準仕様が確定し,各メーカー間での互換性はほぼ保たれている。(→光メモリ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

MOディスクの関連キーワードメディア (記録媒体)PC ExchangeDesktopファイルリムーバブル・ディスクリムーバブルディスクアンフォーマットライトプロテクト光磁気メディア光変調記録方式光学ドライブファイル保護メディアID光ディスクメディアノッチ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android