コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MSX えむえすえっくす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

MSX

1983年、マイクロソフトアスキーが共同で提唱したパソコンの規格。8ビットCPUを採用している。日本では、ソニーや東芝などの大手家電メーカーが参入し、安価なホビー用パソコンとして人気を集めた。その後、MSX2や16ビットCPUを採用したMSX2TurboRという規格を策定したが、高性能な家庭用ゲーム機や16ビットパソコンが普及するにつれて市場から撤退するメーカーが相次いだ。当時のパソコンは機種が違えば同じプログラムを使えなかったが、MSX用のプログラムはどのメーカーのMSXパソコンでも使えた。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エムエス‐エックス【MSX】[Microsoft X]

Microsoft X》米国マイクロソフト社などが開発した、8ビットパソコンの統一規格。異機種間でも動く共通のソフト。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

MSX【エムエスエックス】

1983年,マイクロソフト社とアスキー社が提案した8ビットパーソナルコンピューターの統一規格。プログラム言語に米国AT&T社が開発したC言語を用い,容易にプログラムを作成できた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

MSXの関連キーワードCAPTAINシステムマイクロソフト[会社]こんにちはマイコンアイスワールドヴァイエイトメリクリウスジョージア語ザナックCAI

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

MSXの関連情報