N-ブロモスクシンイミド(読み)えぬぶろもすくしんいみど

化学辞典 第2版の解説

N-ブロモスクシンイミド
ブロモスクシンイミド
N-bromosuccinimide

1-bromo-2,5-pyrrolidinedione.C4H4NO2Br(178.00).略称NBS.1-ブロモコハク酸イミドともいう.スクシンイミドに臭素と水酸化ナトリウムとを作用させてつくる.融点173~175 ℃(わずかに分解).密度2.098 g cm-3.水,エーテルに難溶,酢酸,アセトンに易溶.眼,皮膚,粘膜を強く刺激する.アリル位,ベンジル位の臭素化,α-ヒドロキシ酸やα-アミノ酸からの脱炭酸を伴って相当するアルデヒドまたはケトンが生成する酸化,アセタールからエステルへの変換など,広く臭素化剤,酸化剤として用いられる.[CAS 128-08-5]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のN-ブロモスクシンイミドの言及

【スクシンイミド】より

…また,N‐金属塩をつくりやすい。次亜臭素酸の作用で,イミド水素が臭素に置き換わったN‐ブロモスクシンイミド(NBS)がよく知られている。この化合物は有機化合物のブロム化や脱水素などによく用いられる。…

※「N-ブロモスクシンイミド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android