NAPT(読み)ナプト

IT用語がわかる辞典「NAPT」の解説

ナプト【NAPT】

企業や家庭内のLAN(ラン)に接続された複数コンピューターで、ひとつのグローバルアドレスを共有する技術。LANに接続されたコンピューターのプライベートアドレスとグローバルアドレスの相互変換を行うことを指す。同様の技術であるNAT(ナット)と異なり、複数のコンピューターで同時に接続できる。◇「network address port translation」の頭文字から。「IPマスカレード」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「NAPT」の解説

エヌ‐エー‐ピー‐ティー【NAPT】[network address port translation]

network address port translation》企業や組織などのLANランに接続された複数のコンピューターで、インターネット上の一つのグローバルアドレスを共有する仕組み。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「NAPT」の解説

NAPT

IPマスカレード」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android