コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NAPT エヌエーピーティーNAPT

デジタル大辞泉の解説

エヌ‐エー‐ピー‐ティー【NAPT】[network address port translation]

network address port translation》企業や組織などのLAN(ラン)に接続された複数のコンピューターで、インターネット上の一つのグローバルアドレスを共有する仕組み。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

NAPT

IPマスカレード」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ナプト【NAPT】

企業や家庭内のLAN(ラン)に接続された複数のコンピューターで、ひとつのグローバルアドレスを共有する技術。LANに接続されたコンピューターのプライベートアドレスとグローバルアドレスの相互変換を行うことを指す。同様の技術であるNAT(ナット)と異なり、複数のコンピューターで同時に接続できる。◇「network address port translation」の頭文字から。「IPマスカレード」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

NAPTの関連キーワードNAT(通信)アドレス変換神経の可塑性シタビラメノミ(蚤)シナプス姫枯葉蛾大錨海鼠ナフサ白海豚ノミ

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android