コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NOx削減法 エヌオーエックスさくげんほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

NOx削減法
エヌオーエックスさくげんほう

正式には自動車から排出される窒素酸化物特定地域における総量の削減等に関する特別措置法 (平成4年法律 70号) 。首都圏や近畿圏の大気汚染対策のために作られた NOx (窒素酸化物) 抑制策である。東京,神奈川,千葉,埼玉,大阪,兵庫などが特定地域とされ,域内で各種の方策がとられる。おもな内容として,ディーゼルエンジンのトラックやバスを,より低公害な車に買替えさせる車種規制,物流の合理化,電気自動車をはじめとした低公害車の普及,道路整備などの政策が盛込まれている。 NOx 削減法は,1992年 12月に施行され,93年 12月から車種規制が行われている。これに伴い,ガソリン車に比べ NOx 排出量の多いディーゼル車は特定地域内での使用が順次禁止されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

NOx削減法の関連キーワードディーゼルエンジン排ガス規制NOx

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android