NRA(読み)エヌアールエー

翻訳|NRA

デジタル大辞泉「NRA」の解説

エヌ‐アール‐エー【NRA】[National Rifle Association]

National Rifle Association全米ライフル協会銃砲規制法を何度も廃案に追い込むなどして「全米最強のロビイスト」とよばれる。1871年設立。本部バージニア州フェアファックス

エヌ‐アール‐エー【NRA】[National Recovery Administration]

National Recovery Administration》米国復興局。ニューディール政策の一環として設けられた政府機関。→ニラ(NIRA)

エヌ‐アール‐エー【NRA】[Nuclear Regulation Authority]

Nuclear Regulation Authority》⇒原子力規制委員会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のNRAの言及

【NIRA】より

…アメリカ合衆国のニューディール政策の一環として,1933年6月に制定。初期ニューディールの支柱ともいうべき総合的産業政策で,景気回復を促進するため,産業部門ごとに公正競争規約という一種のカルテル的協定の締結を認めて,アンチ・トラスト法の適用から除外する一方,労働者の団結権・団体交渉権ならびに最低労働条件を規定して購買力の増強を図り,さらに広範かつ強大な権限を有する全国復興局National Recovery Administration(NRA)を設置して産業界に対する国家統制を強化した。また同法第2部で公共事業局が設置され,公共事業活動による景気刺激策に取り組んだ。…

※「NRA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android