コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

OLAP OLE おーえるいー、おーれ

1件 の用語解説(OLAP OLEの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

OLAP OLE

Windowsのアプリケーション間の連携技術。特徴はリンク埋め込み。たとえば、この技術を利用すると、表計算ソフトで作成したグラフワープロソフトで作成した文書に貼り付けられる。これを埋め込みと呼ぶ。このとき、ワープロソフトに貼り付けたグラフは、表計算ソフトの機能を呼び出して表示されるため、ワープロソフトがグラフのデータ形式に対応している必要はない。また、表計算ソフトでデータを更新すると、ワープロソフト上のグラフも自動的に更新される。これをリンクと呼ぶ。OLEでは、他のソフトウェアの機能を呼び出すソフトウェアをコンテナと呼び、呼び出されるソフトウェアをサーバーと呼ぶ。サーバーのうち、単体では起動できず、ほかのソフトウェアから呼び出すことで機能するソフトウェアをOLEコントロールと呼ぶ。現在は、OLEの概念がActiveXに取り込まれており、OLEコントロールも、ActiveXコントロールと呼ばれるようになっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

OLAP OLEの関連キーワードWindowsWindows 8.1WindowsWin32cLAN Managerユーザーレベルのセキュリティー拡張子SurfaceEnhanced Meta FileWindows

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone