コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンテナ コンテナ container

翻訳|container

5件 の用語解説(コンテナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンテナ
コンテナ
container

貨物の合理的な輸送,特に協同一貫輸送を目的として一定の規格に基づいてつくられた箱状の容器。反復使用に耐えうる強度を備え,荷いたみを防ぐばかりでなく,荷役の機械化を容易にし,また貨物の包装も簡素化されるという利点をもっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コンテナ(container)

《容器の意》
貨物輸送に用いる金属製の組立式容器。
鉄道やトラック、専用の船や飛行機での貨物輸送に用いる軽金属製の大型の箱。「コンテナ輸送」
一般に、容器。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

コンテナ

 長期の反復使用に耐え,積み替えやすいように設計された運搬用の容器.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

コンテナ【container】

貨物輸送用の金属製の容器。荷くずれを防ぎ、積み降ろしの省力化を図ることができる。
植物を栽培するための容器。鉢やプランターなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンテナ
こんてな
container

反復使用できるような耐久性に富む、一般的には箱型をした大きな輸送容器。輸送用の「通い箱」ともいえる。
 貨物輸送は、国内・国外を問わず、発荷主(工場、倉庫、流通センターなど)の戸口から着荷主(倉庫、店舗など)の戸口まで一貫して行われる必要がある。そのため主輸送機関に鉄道、船舶そして航空機などが使用される場合、その輸送の両端で、補助輸送機関としてトラックが利用されることが多い。こうした複数以上の輸送機関を組み合わせて一般貨物を協同一貫輸送するときに、貨物を個々ばらばらなまま搭載すると、輸送途中での荷役(にやく)や荷崩れなどによる荷傷みが発生しやすく、かつ、各輸送機関の結節点での積み換えに多くの費用と時間を費やすこととなる。こうしたことを避けるためには、個々の貨物をまとめて一単位として輸送する必要があり、この輸送方式をユニット・ロード・システムunit load systemという。このシステムの代表的なものが、コンテナを利用するコンテナ・システムcontainer system、および簀子(すのこ)状をしたパレットとよばれる荷役台を利用するパレット・システムpallet systemである。コンテナは、輸送途中における貨物の安全性からみても、積み換えの合理性からみても、非常に優れた特性をもち、一般貨物輸送の中心的存在となっている。
 コンテナの種類は、見方によって種々に区分される。まず、国際輸送に用いられるか国内輸送に用いられるかによって、国際コンテナ、国内コンテナの区別がある。ついで、主輸送機関によって、鉄道コンテナ、海上コンテナ、航空コンテナに区分される。さらに、輸送対象によって、(1)普通、(2)冷蔵、(3)保冷、(4)通風、(5)タンク、(6)ホッパ(粉粒体貨物)の各コンテナに区分される。
 それぞれの主輸送機関ではコンテナ専用の運搬具を使用している。鉄道にはコンテナ貨車(コンテナ・オン・フラット・カー)、海運にはコンテナ船(リフトオン・リフトオフ・シップ)がある。また、航空では貨物専用機(フレーター)の多くがコンテナ搭載用となっている。さらに、鉄道駅、港湾、空港には、コンテナのためのヤード(操車場)や、クレーンあるいは大型フォークリフトなどの特殊な荷役機械が配置されている。情報化の進展に伴って、コンテナの追跡システムも発展を遂げ、輸送途中におけるコンテナの位置は、国内でも、国外でも、瞬時に把握できるようになっている。[野村 宏]
『日通総合研究所編著『最新物流ハンドブック』(1991・白桃書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンテナの関連キーワード自然経済消費関数コイン自然独占宝・財・貨チェリー花菱散積み自然貨幣

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンテナの関連情報