コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

OP磁石 オーピージシャク

デジタル大辞泉の解説

オーピー‐じしゃく【OP磁石】

磁鉄鉱Fe3O3と亜鉄酸コバルトCoO・Fe2O3からなる永久磁石。フェライトの一種。昭和7年(1932)、加藤与五郎武井武が発明。保磁力が強く、耐衝撃性、耐酸性にすぐれるが、比較的もろい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

OP磁石【オーピーじしゃく】

1933年加藤与五郎と武井武が発明した代表的な酸化物磁石。OPはoxide powderの略。磁鉄鉱Fe3O4と亜鉄酸コバルト(コバルトフェライト,CoO・Fe2O3)の混合粉末を成形,焼結,磁化したもので,幾分もろいが,保磁力が高く,安価で実用上優秀な永久磁石として多用。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

OP磁石の関連キーワード加藤 与五郎武井 武