保磁力(読み)ほじりょく(英語表記)coersive force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「保磁力」の解説

保磁力
ほじりょく
coersive force

強磁性体磁場中で飽和まで磁化後,磁場を0にしても残留磁化があるが,磁場を逆方向に強めると磁化は減衰して0になる (→磁気履歴 ) 。このときの逆磁場の強さ (CGS単位系では単位はエルステッド,記号 Oe) を保磁力 (旧称抗磁力,頑磁力) といい,磁場変動に対する磁化の安定度を示す。永久磁石材料では残留磁束密度 B とともに保磁力 H の大きいことが必要で,実用の高保磁力材料としては MK 鋼系異方性金属磁石 (700~1500Oe) ,酸化物磁石 (1600~3400Oe) の規格が JIS にあり,ほかに白金系合金磁石 (4100Oe) ,ESD 磁石 (4700Oe) や希土類元素の強力な酸化物磁石なども開発研究されている。一般に酸化物粉末磁石は H 値の高い特徴があり,磁気テープ材料として特に重要性を増している。これに対して交流磁心材料は磁気履歴損失を小にするために H 値の低いことが要件で,ケイ素鋼板 (0.5Oe) ,パーマロイ (0.05Oe以下) などが用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「保磁力」の解説

保磁力
ほじりょく
coercive force

強磁性体の磁化方向に逆向きの磁界をかけて、その残留磁化をゼロにするために必要な磁界の大きさのこと。強磁性体をあらかじめ飽和まで磁化しておいたときの値は飽和保磁力というが、これも単に保磁力とよぶことが多い。古くは抗磁力、頑磁力などともよばれた。

 保磁力が大きいほど、外部磁界に対して磁化を安定に保てるので、永久磁石材料には大きい値が要求される。逆にトランス磁心材料など交流磁界で励磁されるものは、保磁力がなるべく小さいことが望まれる。このように、保磁力の大小によって、磁性材料をハード(永久磁石用)、ソフト(トランス用)に大別することができる。バリウムフェライト磁石の保磁力は14万、硅素鋼(けいそこう)は40(単位アンペア毎メートル)である。

[太田恵造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「保磁力」の解説

保磁力
ホジリョク
coercive force

強磁性体やフェリ磁性体に強い磁場を作用させて磁気飽和に達したのち,磁場を減少させていき,0にしても残る残留磁化を完全に消すために,逆方向にある強さの磁場を加える磁場の強さを保磁力という.保磁力は磁性材料やその熱処理によって非常に異なる.永久磁石になるためには保磁力が大きくなければならない.たとえば,約数百 Oe のものがある.それに対しパーマロイなどでは保磁力は0.1 Oe 以下である.[別用語参照]磁化曲線

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「保磁力」の解説

ほじ‐りょく【保磁力】

〘名〙 強磁性体を飽和にまで磁化したのち、磁場を減少しゼロにしてもなお残っている残留磁化をさらにゼロにさせるのに要する逆方向の磁場の強さをいう。一般に永久磁石は保磁力が大きい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の保磁力の言及

【永久磁石】より

…このように実際上,加えた磁場によってはその磁化の大きさの変化しないものを永久磁石という。加えた磁場によって容易にその方向に磁化されやすいものを軟磁性体といい,磁化しにくいものを硬磁性体と呼ぶが,永久磁石は,硬磁性体でなければならず,この磁気的な硬さを示すのは保磁力である。磁気ヒステリシス曲線では縦軸に磁化(または磁束密度),横軸に印加磁場を取り,磁化の大きさを磁場の関数として示してある。…

【磁化】より

…このときの磁化(OM)を残留磁化residual magnetizationと呼ぶ。さらに逆向きの磁場を加え,磁場の大きさを増加させるとある磁場の大きさで磁化が0になり,このときの磁場(OC)を保磁力coercive forceという。磁場の大きさの増加とともに逆向きに飽和し,以後,磁場の大きさを減らし,再び最初の方向に磁場を加えると,また飽和磁化を示す。…

【ヒステリシス】より

…磁場の向きを逆にして,負の向きに増加していくと,曲線はBCと変化し,磁化は0となる。OCは残留磁化を保つ能力を表す目安となるので保磁力という。さらに磁場を負の向きに増加すると,ついに磁化はDに達し負の向きに飽和する。…

※「保磁力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android