酸化物磁石(読み)さんかぶつじしゃく(英語表記)oxide magnet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「酸化物磁石」の解説

酸化物磁石
さんかぶつじしゃく
oxide magnet

強磁性亜鉄酸塩 MO・γFe2O3 (Mは金属) を材料とした磁性材料粉末を成形してつくるので粉末磁石ともいう。磁性亜鉄酸塩はフェライトと通称し,Mの種類により銅フェライト,亜鉛フェライトなどと呼ぶ。Mとして鉄,コバルトマグネシウムバリウム,銅,鉛などが単独または混合で用いられ,1~0.01 μm の微粉を焼結または固結剤で成形する。2種の系統がある。 (1) 残留磁束密度6~12キロガウス,保磁力 2000~4000エルステッドと大きいもので,永久磁石材料である。 OP磁石 ( (Co,Fe)O・γFe2O3 ) ,フェロックスデュール FXD磁石 (主成分 BaO・6Fe2O3 ) が代表例で,おもちゃ,発電ランプ,拡声器など応用範囲が広い。 (2) 初透磁率が大で保磁力が 0.1~10エルステッドと小さく,高周波用圧粉鉄心に用いる。Mとして亜鉛を主として銅,マグネシウムなどを混じたフェライトが多く,フェロックスキューブ,フェリンバーなど種類が多い。カーボニル鉄圧粉とともに高周波工業の重要な材料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「酸化物磁石」の解説

さんかぶつじしゃく【酸化物磁石】

酸化物を材料として用いる磁石。人類が初めて手にした磁石は鉄の酸化物の一種である磁鉄鉱であったろうと思われる。現在の代表的な永久磁石としてアルニコ系鋳造磁石とバリウム系フェライト磁石があげられる。前者合金であるが,後者フェリ磁性体であるバリウムと鉄の複合酸化物(バリウムフェライト),またはストロンチウムと鉄の複合酸化物(ストロンチウムフェライト)を材料とする磁石である。 酸化物が磁石として開発されたのは,1933年日本の加藤与五郎および武井武によってで,コバルトと鉄の複合酸化物であるコバルトフェライトを用い,OP磁石と名付けられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android