コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PL法 PLほう/ぴーえるほう

6件 の用語解説(PL法の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

PL法

製造物責任法」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

PL法

製造者の責任を定めた法律のひとつ。製造物責任法の略。製品の使用中、消費者が生命、身体、または財産に損害を受けたとき、それが製品の欠陥によるものであったことを証明できれば、製造者の賠償を受けられるという法律。通常、損害賠償請求において前提となる、損害を与えた者の「故意、または過失」は、PL法においては必要とされない。欠陥の証明が、すなわち賠償責任となる。消費者の保護のために定められた法律で、1970年代から続いてきた消費者運動の産物であるとも言える。人工的に加工された商品が対象で、農作物、土地などは含まれない。2006年現在の規定では、被害発生から3年間、製品出荷から10年間がPL法適用の対象となる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

PL法

製造物責任法。欠陥製品による被害から消費者を保護する目的で制定された。企業の過失の有無に関わらず、製品の欠陥さえ証明できれば、企業に賠償責任があるものとされる。1960年代にまずアメリカで法制化され、日本では1995年に施行された。

出典|ナビゲート
ナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

PL法
ピーエルほう

製造物責任法」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

PL法
ぴーえるほう

製造物責任法の略称。製造物の欠陥により製造物の使用者が生命・身体・財産などに損害を受けた場合、製造業者が被害者に対して負う損害賠償について定めた民事特別法[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

PL法の関連キーワード黒人問題バードビューRナビゲーションシステム佐賀(県)香港映画ラビン相川七瀬BONNIEPINK朱門みず穂川野直輝COUSIN

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

PL法の関連情報