R.J. ミッチェル(英語表記)Reginald Joseph Mitchel

20世紀西洋人名事典の解説


1895.5.20 - 1937.6.11
英国の航空技術者。
トーク(ストーク・オン・トレント近郊)生まれ。
ハンリー・ハイスクールを卒業し、ストークの機関車製造会社の見習い工となるが、設計技師になるため工科大学の夜間学校で勉強を続ける。1916年サザンプトンのスーパーマリン航空会社に入り、後に主任となる。シュネデール杯競技の水上機から単発戦闘機の建造の着想が生まれ、「スピットファイア」の開発に成功する。イギリスの高速の単葉機の発展に寄与する。しかし、初飛行のあと、偉大な創造物をほとんどみることなく、結核のため42歳で死亡する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android