R.O. リピット(英語表記)Ronald Otis Lippitt

20世紀西洋人名事典の解説

R.O. リピット
Ronald Otis Lippitt


1914 -
米国の社会心理学者。
ミシガン大学教授。
1940年アイオワ大学で学位を取得。マサチューセッツ工科大学の集団力学研究センターを経て、’48年ミシガン大学心理学・社会学教授就任。又同大学に移管された集団力学センターの一員としても研究に従事。社会心理学・集団力学における実験的研究の先駆をなすものとしてホワイトと行った集団ふんいきに関する実験的研究は有名。又偏見、集団関係の指導・訓練に関する研究も多数発表。著書「Toward a humane society:Images of potentiality,new ed」(’73年)、「The volunteer community:Creative use od human resources」(’75年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android