コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ROA(総資産利益率) あーるおーえー(そうしさんりえきりつ)

1件 の用語解説(ROA(総資産利益率)の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

ROA(総資産利益率)

資本効率を評価する指標の一つ。ROAとは、総資産利益率のことで、持っている資産がどのくらい利益を出しているか見る指標。ROA(%)=(当期純利益÷総資産)×100%もしくはROA=売上高回転率 × 総資産回転率

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ROA(総資産利益率)の関連キーワード総資産回転率含み資産当座資産総資産資産勘定ROA総資産利益率ROCE(使用資本利益率)総資産利回り資産保管会社MVAIRRKPI負債比率PCFRROAインフォメーションレシオROCE(使用資本利益率)ROE(資本利益率)資本効率

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ROA(総資産利益率)の関連情報