総資産利益率(読み)そうしさんりえきりつ(英語表記)return on assets

日本大百科全書(ニッポニカ)「総資産利益率」の解説

総資産利益率
そうしさんりえきりつ
return on assets

企業が、その企業のすべての経営資産を利用し、どれだけ利益をあげたかを示す指標。英語の頭文字をとってROA称する。総資産と総資本は同じため「総資本利益率」とよばれることもある。企業の稼ぐ力(収益性)を測る指標の一つで、数値が大きいほど効率よく利益をあげていることを表す。「利益÷総資産」で算出する。利益として純利益を使うのが一般的であるが、営業利益や経常利益を使う場合もあり、それぞれ総資産営業利益率、総資産経常利益率とよばれる。総資産利益率=「利益÷売上高」×「売上高÷総資産」と分解でき、「売上高利益率」と「資産回転率」の積とみることができるため、収益性と効率性を同時に示す指標といえる。総資産利益率を改善するには、総資産を構成する株主から預かったお金(資本)の有効活用、不稼動や非効率な資産の削減、借入金の有効活用などがある。企業の稼ぐ力をみる指標として自己資本利益率ROE)とともによく利用されており、同業種のライバル企業との比較に使われることが多い。仮にA社とB社の自己資本利益率(ROE)が同じでも、A社に比べてB社の借金が多ければ総資産利益率(ROA)はA社よりもB社が低くなり、両指標を見比べることが重要であるとされる。また自己資本利益率は利益が増えなくても、自社株買いなどの資本政策で自己資本を減らして数値を大きくみせることが可能であるが、総資産利益率は資本政策による調整余地が小さい。このため日本政府は日本の大企業の稼ぐ力を伸ばすため、2017年(平成29)の成長戦略で、2025年までに欧米企業と遜色(そんしょく)ない水準まで引き上げる大企業の数値目標として、総資産利益率を選んだ。

[矢野 武 2019年3月20日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

株式公開用語辞典「総資産利益率」の解説

総資産利益率

利益を総資本(総資産)で除した、総合的な収益性の財務指標である。 企業に投下された総資本(総資産)が、利益獲得のためにどれほど効率的に利用されているかを表す。分子の利益は、営業利益、経常利益、当期利益(当期純利益)などが使われ、総資本(総資産)営業利益率、総資本(総資産)経常利益率、総資本(総資産)純利益率、とそれぞれ定義される。したがって、総資本(総資産)利益率を高めることは、利益率の改善(費用・コストの削減)又は回転率の上昇(売上高の増加)によって実現される。実際の会計では、総資本を総資産として把握することが多い。米国では、企業の収益性を判定するのに総資産利益率(収益率)=ROA、ないしは株主資本利益率=ROEがよく用いられる。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

M&A用語集「総資産利益率」の解説

総資産利益率

ROA、Return On Assetの略。資産の有効活用度合いを測る経営指標。一般的には税引き後純利益÷総資産で算出される。この算式で算出された数値が高い企業ほど資産を有効に活用しているといえる。逆に不要資産を抱えているか、もしくは利益水準の低い会社では低く算出される。

出典 M&A OnlineM&A用語集について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android