コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ROA アールオーエー ROA

4件 の用語解説(ROAの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アール‐オー‐エー【ROA】[return on assets]

return on assets》企業の収益性を見る指標の一つで、当期純利益を総資産で除したもの。総資産がどれだけ効率的に使われているかを見るもので、これが高いほど収益力が高いことになる。リターンオンアセット。総資産利益率。→ROE

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ROA

〖recognized operating agency〗
電気通信事業経営を政府から認可された政府以外の機関。国際電気通信条約上のキャリヤー(電気通信事業者)とされる。

ROA

〖return on asset〗
総資本利益率。利益を総資本(総資産)で除したもの。総合的な収益性の財務指標。純資産事業利益率とも。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ROA
あーるおーえー

総資産利益率。return on assetsの略で、企業の総合的な収益性を示す財務指標の一つである。「利益÷総資産」で算出する。利益を営業利益とした場合には総資産営業利益率経常利益とした場合には総資産経常利益率、当期純利益とした場合には総資産純利益率が求められる。借入金を含む全資産(総資産)が利益を出すためにどれだけ効率的に使われているか、あるいは、事業活動全体の投資利回りがわかる。代表的な収益性指標であるROE自己資本利益率)が高くても、借金が多ければROAが低くなるため、ROEとROAの両方をみることが重要である。売上高利益率(利益÷売上高)×総資産回転率(売上高÷総資産)×100と分解することが多い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ROAの関連キーワード戻り値流動資産ROIC返り値return-pathアウトアンドリターン総資産利益率 ROA投下資本利益率 ROIリターンスロー内部投資収益率

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ROAの関連情報