Rh因子(読み)アールエッチインシ

精選版 日本国語大辞典の解説

アールエッチ‐いんし【Rh因子】

〘名〙 (Rh-factor の訳語。Rhはアカゲザル(rhesus monkey)の頭文字に由来) 一九四〇年アメリカのランドシュタイナーとウィナーがアカゲザルの血球中に発見した一種の抗原。人の血球中にこの因子がある場合をRhプラス型、ない場合をRhマイナス型というが、Rhマイナスの人の数は極めて少ない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報