コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SAR エスエーアールSAR

翻訳|SAR

デジタル大辞泉の解説

エス‐エー‐アール【SAR】[synthetic aperture radar]

synthetic aperture radar》⇒合成開口レーダー

エス‐エー‐アール【SAR】[Special Administrative Region]

Special Administrative Region》特別行政区。中国返還後の香港マカオをさす。

エス‐エー‐アール【SAR】[search and rescue]

search and rescue》捜索救難システム。遭難した航空機・船舶などの救難信号を人工衛星でとらえ、救助活動を行う国際的システム。サー。

エス‐エー‐アール【SAR】[screen aspect ratio]

screen aspect ratio》映画のスクリーンの画面アスペクト比

サー【SAR】[search and rescue]

search and rescue》⇒エス‐エー‐アール(SAR)

エス‐エー‐アール【SAR】[specific absorption rate]

specific absorption rate》生体組織が吸収する電波のエネルギー量。ふつう、単位質量の生体組織が単位時間当たりに吸収するエネルギー量(比吸収率)として表される。
[補説]携帯電話の場合、人体の頭部などの局所的な部位の組織10グラムについて平均化した値が用いられる。日本の総務省では、比吸収率の許容値として、国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)と同じく2W/kgと定めている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

SAR

〖search and rescue system〗
捜索救難システム。人工衛星を用い、遭難した船舶・航空機などの救助活動を行う。

SAR

〖specific absorption rate〗
生体組織(人体)が電磁波を浴びた際に、単位質量あたり単位時間にどの程度の量の電磁波エネルギーを吸収するかを示すもの。比吸収率ともいう。

SAR

〖synthetic aperture radar〗
合成開口レーダー。宇宙船から発射したマイクロ波の反射波により、解像度の高い画像を得るレーダー装置。地球観測・天体探査また軍事に利用される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

SARの関連キーワードパラボリック(parabolic)クック(Sam Cooke)日本生殖補助医療標準化機関シルバンシャフハーン宮殿衛星コンステレーションサウジアラビアの要覧重症急性呼吸器症候群ネッチサー国立公園ネッチサル国立公園海難捜査救助協定サルバダール政権宿主抵抗性誘導剤マンサード屋根無線方位測定機岩漿性チャート合成開口レーダナツァグドルジ林檎角枝尺蠖紋淡黄姫尺蠖ペーザロ宮殿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SARの関連情報