コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SNCC スニックSNCC

翻訳|SNCC

デジタル大辞泉の解説

スニック【SNCC】[Student Nonviolent Coordinating Committee]

Student Nonviolent Coordinating Committee》学生非暴力調整委員会。1960年、反戦・反差別をスローガンとして結成された黒人学生を主体とした米国の公民権運動組織。60年代における黒人差別撤廃を求める公民権運動で主導的な役割を果たした。1969年非暴力主義路線を放棄し、学生全米調整委員会(Student National Coordinating Committee)に改称したが、次第に影響力を失い、70年代前半には組織が分裂して解散した。

スニック【SNCC】[Student National Coordinating Committee]

Student National Coordinating Committee》学生全米調整委員会。前身の学生非暴力調整委員会(Student Nonviolent Coordinating Committee)が、非暴力主義に基づく運動方針に限界を感じ1969年に改称したもの。70年代前半に路線対立から組織が分裂して影響力を失い、解散した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

SNCC
エスエヌシーシー

学生非暴力調整委員会」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のSNCCの言及

【公民権運動】より

…公民権運動がもっとも活発であったのは,1954年の合衆国最高裁判所の人種別学法違憲判決(ブラウン事件判決)から65年の投票権法の制定に至る期間である。この時期には,黒人と白人が参加した有力な運動団体(全米黒人地位向上協会(NAACP),全国都市同盟(NUL),南部キリスト教指導者会議(SCLC),人種平等会議(CORE),学生非暴力調整委員会(SNCC)など)が中心になって,南部における人種隔離制度,差別慣行を打ち破るために非暴力・直接行動が繰り広げられた。 NAACPはすでに1930年代から人種隔離の壁を崩す訴訟戦術を始めていたが,その成果であるブラウン事件判決は公民権運動に大きな弾みを与えた。…

【黒人問題】より

… しかし,北部や西部の大都市スラム街に住む黒人は名目だけの平等に不満を高め,また,キング牧師らの非暴力主義に反抗して実力行動に訴える者も多くなり,64年から68年まで〈長い暑い夏Long and Hot Summer〉と呼ばれる黒人暴動が頻発した。人種平等会議(CORE),学生非暴力連帯委員会(SNCC)などはしだいに過激な態度をとった。SNCCは66年〈ブラック・パワー〉をスローガンに掲げ,もはや白人活動家の役割は終わったとし,黒人だけの運動を提唱,さらにアメリカ帝国主義を究極の敵としてベトナム反戦運動への積極的参加を決定する。…

※「SNCC」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

SNCCの関連キーワードカーマイケル(Stokely Carmichael)ジュリアス レスターマーゼット ワッツブラック・パワーカーマイケルブラウン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SNCCの関連情報