コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SRS‐A えすあーるえすえー

1件 の用語解説(SRS‐Aの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

えすあーるえすえー【SRS‐A】

 SRS‐Aは、アナフィラキシー遅延反応物質(ちえんはんのうぶっしつ)を意味する英語の略称です。
 これは、即時型アレルギーのときに肥満細胞(ひまんさいぼう)や好塩基球(こうえんききゅう)から放出される物質で、ある種の平滑筋(へいかつきん)、とくに気管支を構成する平滑筋を縮めて細くする(収縮)作用があるといわれています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

SRS‐Aの関連キーワードアナフィラキシーアナフィラキシーショック食物依存性運動誘発アナフィラキシーアナフィラキシー反応アナフィラトキシン全身アナフィラキシー遅延アレルギーリシルブラジキニンアナフィラキシー様現象ゲル‐クームス分類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone