SSPE(読み)エスエスピーイー

デジタル大辞泉の解説

エス‐エス‐ピー‐イー【SSPE】[subacute sclerosing panencephalitis]

subacute sclerosing panencephalitis麻疹(はしか)に感染後、数年から十数年の潜伏期を経て発病する進行性の難病。麻疹ウイルスによるスローウイルス感染症で小児に多くみられる。軽度の知的障害や脱力発作、歩行異常などの初期症状から不随意運動ミオクローヌス)、運動・知能障害の進行、全身の筋肉緊張、意識喪失などの経過をたどる。麻疹罹患者の数万人に一人が発症。麻疹の予防接種を受けた人の発症率が低いことなどから、麻疹ワクチンが発症予防に有効とされている。亜急性硬化性全脳炎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

SSPE

〖subacute sclerosing panencephalitis〗
亜急性硬化性全脳炎。はしかに罹患した後、長期間を経てから発症する脳疾患。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android