慢性腹膜炎(読み)まんせいふくまくえん(英語表記)Chronic Peritonitis

家庭医学館の解説

まんせいふくまくえん【慢性腹膜炎 Chronic Peritonitis】

[どんな病気か]
 炎症が長期間にわたって続く腹膜炎です。急性腹膜炎(「急性腹膜炎」)が治りきらずに慢性化することもありますが、このケースはまれで、慢性腹膜炎のほとんどは、最初から慢性のかたちで発症します。
 もっとも多いのは結核性腹膜炎(けっかくせいふくまくえん)で、肺結核の原因となっている結核菌が、血液やリンパ液の流れにのって腹膜まで到達し、徐々に発病することが多いものです。
 そのほかに、腹部に針を刺して腹水(ふくすい)を抜く治療(穿刺(せんし))をたびたび行なうと、腹膜どうしがくっつき(癒着性腹膜炎(ゆちゃくせいふくまくえん))、さらにこぶのような腫(は)れ物ができることもあります(術後性肉芽腫様腹膜炎(じゅつごせいにくげしゅようふくまくえん))。心膜炎(しんまくえん)、リウマチ熱などの際に滲出液(しんしゅつえき)が腹腔(ふくくう)にたまって滲出性腹膜炎(しんしゅつせいふくまくえん)がおこることもあります。
[治療]
 いずれも、原因となっている治療と平行して、腹膜炎の治療(「急性腹膜炎」の治療)を行ないます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android