コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不随意運動 ふずいいうんどう involuntary movement

6件 の用語解説(不随意運動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不随意運動
ふずいいうんどう
involuntary movement

大脳基底核の病変によって錐体外路が侵され,意識とは無関係に異常運動が起る状態をいう。運動過多が現れることが多い。不随意運動のうち,最も多くみられる形は振戦で,その代表的なものにパーキンソン症候群の際の「銭を数えるような」指の反復運動がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふずいい‐うんどう【不随意運動】

脊椎動物で、自分の意志によらず、不随意筋によって行われる運動。心筋の収縮、横隔膜や胃腸の伸縮、消化液の分泌などの内臓の運動や、反射による運動などがある。→随意運動
意志とは無関係に生じる不合理な動作・運動のこと。振戦(ふるえ)、ジストニア(筋緊張異常による異常姿勢)、バリスムス(上下肢全体の振り回し運動)、アテトーシス(手足、頭などの緩慢な旋回運動)、ミオクローヌス(痙攣(けいれん)的運動)、口(くち)ジスキネジー(口周辺部や舌の異常運動)などがあり、発症部位や運動の規則性、強さ、睡眠時の運動の有無などによって分類される。身体バランスの調整、運動の円滑化に重要な機能をもつ大脳基底核を中心とした錐体外路が阻害された場合、異常な筋収縮が発生し不随意運動が引き起こされる。脳血管障害やけがなどによる脳機能障害およびその後遺症パーキンソン病などの疾患、薬物中毒などで現れることが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

ふずいいうんどう【不随意運動 (Involuntary Movement)】

 自分の意志に逆らって(動かそうと思わないのに)、手足や顔面など、からだの一部あるいは全体がかってに異常に動いてしまい、止めようと思っても止められない現象を、不随意運動といいます。
 原因、あるいはおかされた部位によって、いくつかの種類に分けられています。
 いずれの場合も、静かに休んでいるときに異常運動がおこり、からだを動かすとそれがさらにひどくなり、眠っているときには異常運動がおこらないことが多いというのが、一般に共通している特徴です。
 不随意運動がおこるおもな病気としては、「ミオクローヌス」、「ジストニア(ジストニー)」、「本態性振戦(ほんたいせいしんせん)(老人性振戦(ろうじんせいしんせん)/家族性振戦(かぞくせいしんせん))」、「チック」、「舞踏病」、「ジスキネジー」などがあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版の解説

ふずいいうんどう【不随意運動 involuntary movement】

意志,意図と無関係に出現する異常運動をいう。一般に錐体外路症状といわれるものの主体をなすもので,これには振戦(震え),舞踏病,アテトーシス,バリスム,ジストニーミオクローヌスチック痙性斜頸等がある。しかし,これらの異常運動は一般に意図的運動を行う際には強くなるのが特徴で,このため意図性振戦,意図性ミオクローヌス等,静止時に出現せず運動時にのみ出現する異常運動も含めて考えられている。これらの不随意運動はしばしばいくつかの複合型として出現することが多く(たとえば舞踏病様アテトーシス),単純に分類できないことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふずいいうんどう【不随意運動】

不随意筋の活動や,反射による運動。動物の主体的な意志・意識とは無関係に起こる。 ↔ 随意運動

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不随意運動
ふずいいうんどう

自分の意志とは無関係に生ずる無目的な異常な運動をいい、主として大脳基底核、脳幹、小脳などを侵す疾患の際みられる。すなわち、無意識の運動をつかさどる錐体(すいたい)外路系のどこかの障害によって引き起こされる。不随意運動には、律動的なもの、運動の速度が速いものや遅いもの、画一的な運動が繰り返されるものや不規則な運動が雑然と連続しておこるもの、ごく一部(顔面、四肢、躯幹(くかん)など)に生ずるものから全身に及ぶものなど、さまざまなパターンがあり、振戦(比較的リズミカルな無目的の運動が、一部の筋や身体の一部、ときに全身に現れる)、舞踏病様運動、アテトーシス(おもに四肢や顔面におこるややゆっくりした不随意運動)、バリスム(舞踏病より激しい腕や手の不随意運動)、ジストニー(頸(けい)部や躯幹に目だつ骨格筋の異常な持続性収縮によって生ずる非対称性の奇妙な姿勢をとる)、チック(顔面・頸部・肩などの筋が急激で律動的に反復する不随意運動)、ジスキネジー(胆道ジスキネジーに代表される目的に合致しない病的運動)などに分けられる。[海老原進一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不随意運動の関連キーワード血リンパ無脊椎動物随意筋他動的他律不随意筋視覚器官微胞子虫目脊椎動物門

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不随意運動の関連情報