SWD(読み)えすたふりゆてい⊆,えすだぶりゅでぃー

カメラマン写真用語辞典「SWD」の解説

SWD

Supersonic Wave Drive の頭文字をとった略号。スーパーソニックウェーブドライブはすなわち、超音波モーターによる駆動を意味する。オリンパスが使用する。最初は、平成19年6月に発売を開始したデジタル一眼レフカメラのボディ内手ぶれ補正機構(右写真)で、イメージセンサー(E-510の場合はLive MOS)を振動させるものだった。  その後、SWD機構はZUIKO DIGITAL レンズのAF駆動にも導入されるようになった。レンズの場合は製品名の末尾に“SWD”の3文字がつく。平成19年11月23日発売のED 12-60mm F2.8-4.0 SWD とED 50-200mm F2.8-3.5 SWD がその第一弾である。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android